クーの自由研究

素朴な疑問を実験します。ボクと一緒に螺旋階段を頂上まで登ってみませんか?貴方の影についていきます。

はじめまして

はじめまして!

(自称)にんげんの「井戸中 聖(いとなか あきら)」と申します。 よく間違われるのですが、「いどなか」ではなく「いとなか」でございます。

f:id:np2LKoo:20161125231158j:plain

深い井戸のある家に住んでおります。 外からは一見廃屋のように見えますが、中は舶来の家具を基調として比較的整然としております。

f:id:np2LKoo:20161124222208p:plain
わたくしは訳あって「(自称)かえるのクー」の助手をしております。コンピュータやITには興味はありませんが、UFOや未知の知性体には興味がございます。

なお、クーが「いとなか くう」を名乗ることがあるのは社会的な便宜上の理由で、わたくしと生物学的な接点がある訳ではございません。

クーは本日冬眠しました

クーは本日、雪降る日に冬眠にはいったことをご報告申し上げます。代謝の段階的移行も問題なく完了しました。
記録的な(体液が凍るくらいの)寒波や、逆に代謝を中途半端に呼び覚ます暖冬(この場合は餓死)でなければ、1歳の蛙がそのまま永眠することはまずございません。
うまくいけば梅の時期から桜の時期にかけての暖かな日に目を覚ますはずです。
それまでこのブログは事実上の休止状態となります。


わたくしの担当はこのブログの維持と休眠期間中の情報収集です。時間がゆるせば許可された範囲で記載を行います。
おもにクーが書き散らかしたブログの誤字脱字修正や、やり散らかした実験結果などのまとめが任務となります。スターを代行してつける許可もいただいております。
わたくしが新しい実験記事をかくことはございませんが、解説や動向を書くことは許可されております。
この場合、人類の皆さまに対しての解説ではなく、将来的に「クー」を引き継いでいただける方、もしくはその候補の方(おたまじゃくし)向けの記録となります。

わたくし個人としては、ほとんど閲覧のないこのブログの存在を危ぶんでおります。
一つの記事でよいのでグーグル先生で「自己符号化器」単独の検索リストにあがれば、少しはアクセスが上がる気がいたします。
パンダ様もペンギン様も、容赦のない無慈悲な方であるとお聞きしておりますので、望むべくもございません。
しかしながらクーは、アクセス数をまったく気にすることはない模様です。スパースであることはいいことだ。と訳のわからぬことを言っておりましたので、細々と継続されていくと思われます。

皆さま方におかれましては、このブログのことはしばらく忘れていただきますよう、お願い申し上げます。

広告を非表示にする